記事一覧

鹿児島・熊本ブロック合同 釣り講習会&実釣会

ファイル 45-1.jpgファイル 45-2.jpgファイル 45-3.jpgファイル 45-4.jpgファイル 45-5.jpg

2016.11.6 鹿児島・熊本ブロック合同の釣り講習会&実釣会が開催されましたので、ご報告いたします。

当日は、鵜澤政則名人(以下、鵜澤さん)、田中貴名人(以下、田中さん)を講師に招いて、午前中は講習会、そして午後からは2時間のトーナメント形式で実釣会が行われました。

午前中の講習会で、印象に残ったことを挙げますと、1.エサは、オキアミ生→加工エサ→ボイル→ムキミ→ダンゴの順に喰いが良く、逆にコッパなどのエサ取りがうるさい時には、逆の順で試してみると良い。また特にムキミやダンゴの時は、エサ自体が大きいので、道糸ごと持っていくような本アタリでないと合わせない。
2.イスズミがいるときの工夫は?→ マキエサを少量にして撒く。
3.トーナメントの時間を1時間とした時に、1投3分として、20投できるため、その20投で組み立てを考える。
4.マキエサは、遠投できるものをベースにして、レシピは変えない

などなど、とてもためになるお話が聞けました!(^^)!

さて午後からは、都丸さんに渡船をお願いし、阿久根大島一帯の磯である、桑島の地にみんなで瀬上がりをしました。

田中さん、藤園さん、そして私(宮﨑)の3人で、2時間トーナメント形式で釣りを行い、鵜澤さんに解説をして頂くという内容(釣りしている方は、ハラハラ(*_*) )でした。
グレの活性が低く苦戦はしましたが、田中さんのまきエサの混ぜ方やつけエサのつけ方など、色々と勉強させて頂きました。

これからいよいよグレ釣りのハイシーズンに突入しますね。今回、学んだことを活かして、グレ釣り道にまい進していきたいですね!(^^)! 

鵜澤さん、田中さん わざわざ鹿児島まで足を運んで下さってありがとうございましたm(__)m

追記:翌日の11/7 スカパーで初回放送の磯釣りギャラリーで、田中さんが出演されていました。勿論、録画させて頂きました(^^♪